ファイルのセットアップ

この項目では、システムの初期設定方法について説明します。動作するサーバ環境が用意できていれば、動作する所まで設定するのには時間はかかりません。

ファイルのダウンロード

ダウンロード画面よりzipファイルをダウンロードし、そのファイルを解凍します。ファイルを解凍すると下記のディレクトリが展開されます。

  • application
    • configs
    • messages
    • models
    • modules
      • admin
      • cron
      • default
    • AppController.php
    • AppModel.php
    • Bootstrap.php
  • library
    • My
    • Smarty
    • Zend
  • public
    • css
    • images
    • install
    • js
    • uploads
    • .htaccess
    • index.php
  • sql
    • tests
      • insert_test.sql
    • table_app.sql
    • table_sys.sql
  • tests
    • application
      • models
      • modules
      • bootstrap.php
      • ControllerTest.php
    • test_helper.php
  • tmp
    • cache
    • log
      • log.txt
    • smarty
      • configs
      • templates_c

 

ファイルのアップロード

ダウンロードし、解凍したファイルを稼働させたい対象のサーバへとアップロードします。

  • application
  • library
  • public
  • sql
  • tests
  • tmp

publicディレクトリが公開用ディレクトリのディレクトリです。public下のファイルがサーバの公開ディレクトリ下となるようにアップロードして下さい。ディレクトリの構成を変更する場合、index.phpに書かれているパスの定義内容を変更します。この設定方法はindex.phpの項目で説明します。

publicディレクトリ以外は外部からアクセスされる事は望ましくないため、公開用ディレクトリでない場所に置く事を推奨します。特にapplication/configs配下にあるiniファイルには機密性の高い設定情報が多く、かつ公開ディレクトリに置く事でテキストが不特定多数に閲覧できる状態になるため注意が必要です。

  • application
  • library
  • public
  • sql
  • tests
  • tmp

libraryディレクトリにはZend FrameworkやSmarty、ZF-Exで拡張した共通コンポーネントが含まれています。通常はディレクトリ構造を変更する必要はありませんが、一つのサーバ内でZF-Exを使ったサイトを複数運用する場合、libraryを共通化する事でリソースの分散防止やサーバで使用するファイル容量を節約させる事ができます。ディレクトリの構成を変更する場合、index.php中にある定義内容を変更します。この操作方法はindex.phpの項目で説明します。

  • application
  • library
  • public
  • sql
  • tests
  • tmp

sqlディレクトリには初期設定用のSQLファイルが置かれています。これらのファイルはDBに直接発行します。このディレクトリはインストールが終わったら削除しても構いません。

  • application
  • library
  • public
  • sql
  • tests
  • tmp

testsディレクトリにはユニットテストを実施するための設定ファイルが置かれています。このディレクトリにあるファイルを利用してテストを実施します。

  • application
  • library
  • public
  • sql
  • tests
  • tmp

tmpディレクトリにはキャッシュやログなど、アプリケーションからファイルを一時出力するためのバッファです。tmpディレクトリ下のパーミッションを再帰的に707または777へと変更して下さい。

この他、下記の3ファイルは設定の際に書き換えを行います。次項より説明するブラウザでのインストールを行う場合、これらも一時的に書き込みを許可するようパーミッションを変更して下さい。

  • application
    • configs
      • database.ini
  • public
    • .htaccess
    • index.php
  • tests
    • test_helper.php

 

ファイルのアップロード方法については以上です。次の項目より、ブラウザでの設定方法や、手動での.htaccessの設定やDB設定について説明します。