Logについて

ZF-ExではLogを処理するためのモジュールとしてZend Logを使用しています。初期化したオブジェクトをZend Registryに保存しているため、どのクラスでもログを保存可能です。Zend Logの詳細はこちらを参照ください。

http://framework.zend.com/manual/ja/zend.log.html

Logの設定方法

Logの保存方法はparams.ini中のlog_methodにより設定します。log_methodをdbとする事で、ログはDB中のsys_logテーブルへと保存されます。fileとすると、下記のログファイルへと保存されるようになります。

  • tmp
    • log
      • log.txt

 

Controllerでの使用方法

コントローラ中であれば、コントローラ内のメソッドAppController::log($msg, $priority = Zend_Log::INFO)によりログの書き込みを行えます。

Controller以外のクラスでの使用方法

コントローラでないクラスの処理の場合、Zend Registryからオブジェクトを取得した上でログを実行する必要があります。下記のように記述を行って下さい。

$log = Zend_Registry::get('Log');
$log->log('Log Message', Zend_Log::INFO);